日々何かあっても何も無くてものらりくらり。ギターを偶に弾くけども。

青い羽根

ツイッター

ミニ更新的なもの

プロフィール

おいらせ

Author:おいらせ
詳しいことはこちら

ギターと二次元的なものが好きな人。

最新記事

カウンター

月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記:零式艦上戦闘機五二丙型【第721航空隊】その1

長らく更新してなかったけど生きてます!!!!!!!!
免許取った直後から途絶えてて、まるで事故って死んだ人みたいな感じになってるけど生きてます!!! 
 
というわけで、何かしらここの再利用を考えておりまして。
とりあえずはじめはプラモの製作記録ということで。ぼちぼち上げていきましょう。



記念すべき第一弾はこちら。
721zero1

ハセガワ製 1/48
三菱 A6M5c 零式艦上戦闘機 52型 丙“第721航空隊”

ハセガワは毎月、量産とは別のマーキングのデカールを付けたキットを限定で生産してますね。
これもその一つで、721航空隊のマーキングは量産されているものにはありません。
こんな風にバリエーションを増やしてくれるのが嬉しいところ。

ちなみにわたし、1/48零戦作るのこれで6機目なんですよね。
それでも限定につられて買っちゃうっ、悔しいッ(ビクンビクン


……前置きが長くなりました、制作に移りましょうか。


キットそのものはハセガワ現行最新の五二丙型と同じみたいです。
細かすぎず荒すぎず、と言った感じで非常に組みやすい。
旧金型の五二型も作ったことありますけどあれはかなり大雑把だったなぁ。


721zero2

さて、飛行機の製作はまずコックピットから。
ここが終わらないことには先に進まないのでちゃっちゃとやります。

ディティールアップする人はコックピット周りもかなり精密な加工をするのですが、
あいにく私は短気でさっさと進めたい人なので
「見えねぇところは適当にやって、早く、それなりの出来にする」
をモットーにやっていきます。なので高度な完成品は期待しないでね!!
自己満足だもの。


まず色を塗る。コックピット内は全て水性カラーを使って塗っていきます。
零戦の機体内部は黄緑系統の色みたいです。現存する実物がそうなので間違いないでしょう。

721zero3

水性ホビーカラーH58機体内部色を塗り塗り。組んじまえば大して見えないので雑です。
サンプル見ると黄土色っぽいけど実際塗ってみるとドンピシャな感じがします。
Mr.カラーではちゃんと「コックピット色(三菱or中島系)」ってのが出てるのでそっち使うのが正しいんでしょうけど。

721zero5

乾燥後、計器盤のデカールを貼って組み上げ完了。(まだ照準器ついてないけど)
フラッシュ焚いてパシャリ。
こうでもしなきゃ中を見ることなんて出来ないので、あんまりこのへんに時間かけたくない。
最初に言ったとおり先に進めないので。ここはおもいっきり妥協します。



……というわけで、コックピットの制作はこれにて終了。
次回はエンジンの組立・塗装と平行して、胴体・翼を組み立てていきます。

今回はこれにて。つづく。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。