日々何かあっても何も無くてものらりくらり。ギターを偶に弾くけども。

青い羽根

ツイッター

ミニ更新的なもの

プロフィール

おいらせ

Author:おいらせ
詳しいことはこちら

ギターと二次元的なものが好きな人。

最新記事

カウンター

月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

製作日記:零式艦上戦闘機五二丙型【第721航空隊】その4(完成!)

最終段階です。完成は近いぞ!

機体塗装が終わり、これからウェザリングに入る。
何もしないと綺麗すぎてとっても違和感があるので使用感を出していきます。 

721zero22

まず排気管。焼けて錆びついた雰囲気を出すためレッドブラウンでドライブラシ。
とっても地味でわかりにくいですが重要な作業……だと思う。

721zero23

続いて胴体下面をウォッシング。
うすーい塗料を全体に塗り、それをやや残すように拭きとって汚れを出します。
実は初挑戦です。
結果は……まあ感じじゃなイカ!?ちょっとムラになってるけど。

さらに写真は撮ってませんが、排気管直後に排気による汚れ、機銃後部にスス汚れをやんわり付けておく。
下面はグレーなので映えますが上面は暗緑色なのでちょっと微妙。

ついでにここで自立するように主脚取り付け、カウリングやフラップも取り付け。
プロペラも塗装&組み立てしてあります。

721zero24

最後に機体の塗装剥離を表現。銀色で露出した下地を表現します。
人によっては銀→暗緑色の順に塗りナイフ等で本当に塗装を剥がしたりもするようですが。
重ね塗りが面倒くさいので剥がれた部分だけ塗ります。

塗装剥離が顕著なポイントはよく開閉する主翼パネルや、人が足をかけたりする主翼付け根みたいです。
あとカウリングの分割部など。
あんまりやり過ぎるとくどいのでほどほどにしましょうかね。


ここまで終わったらデカールの貼り付けです。絵が地味なので一切写真撮ってません。
今回はデカールに嫌われているのかなんなのか、何回も破れたりクルクル丸まったりしました。
短気な私はストレスマッハです。

デカールが付け終わったら、折れやすいため後回しにしておいた機銃身とピトー管、アンテナ支柱と風防を取り付け。
最後に伸ばしランナーでアンテナ線を張って……



721zero25


ハイ完成。
手抜きでもぱっと見いい感じな具合には作れます。細かいところは大目に見てね!


721zero_f

垂直尾翼のストライプが印象的。
海軍第七二一航空隊、通称「神雷部隊」は、大戦後期に人間爆弾「桜花」を運用していました。
主力機体はもちろん桜花の母機である一式陸攻なのですが、その護衛機として零戦も配備されていたようです。

必死の攻撃へ向かう仲間を護衛する心情……というのは、察するに余り有る。
しかし特攻は桜花だけではなく、零戦でも行われました。
多くの命が大空へ飛び立ち、散っていきました。



……もう当分プラモは作らなくていいわ(
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。